渋谷 語学学校 留学 試験対策

グローバルナビゲーション
サブナビゲーション
現在地
電話番号03-3461-8854

平日  9:00~21:00
土日  9:00~17:00

M. Minemura

担当

役員、学院長

出身地

長野県、志賀高原のふもと。

 
語学学習歴
英語(偏った日本の英語教育のために、未だに会話が不得手です。講読は、大学で専門科目のほかに「英語経済学」を半強制的に担当させられました)
フランス語(大学院の博士課程の第二外国語の受験科目でしたが、基準点に足りなくて、1年浪人しました。そのために拒絶反応が続いて、今でも使いません)
タイ語(仕事で行くことが多いので、独学と慣れで通常の会話はできます)
ベトナム語(同様に仕事に行くことが多いので、現在はカタコトですが、上達するよう努力中です)
 
海外渡航歴

ベトナム、タイ、中国、韓国、ロシア、カンボジア、シンガポール、フィリピン、台湾、ミャンマー、ラオス、インド、ネパール、マレーシア、インドネシア、スリランカ、

アメリカ、カナダ、メキシコ

イギリス、スイス、フランス、ドイツ、スペイン、ポルトガル、オランダ、ベルギー、ルクセンブルグ、オーストリア、チェコ、ハンガリー、クロアチア、モロッコ、イタリア、ギリシア、キプロス、マルタ、トルコ、エジプト

オーストラリア・・・

どこが一番良かったですか?とよく聞かれるのですが、それぞれに魅力があり、どこも好きな国です。

趣味・特技

特になくて困ってます。強いて申し上げるなら、旅行と、酒を飲むことと食べることでしょうか。


当社が設立直後に講師として入りました。その後1983年から役員を仰せつかってます。

30年あまりの間にさまざまな紆余曲折があり、大きな節目小さな節目がありましたが、時代の流れに即応した、受講生の二ーズに合わせた変革を常に考えて行動しなければならないと認識してます。老人特有の硬直的、保守的にならないよう自戒してます。
常に時代の要請に即した教務内容を教員、スタッフともに考え、事務の合理化、効率化のために、IT化の完成を目指して、受講生の皆さまとハート・トゥ・ハートのご満足いただける学校を目指していきたいと思っております。

スタッフ紹介一覧へ

  •  
  • イタリア語を学ぶなら 日伊学院
  • ドイツ語を学ぶなら 欧日協会ドイツ語ゼミナール
  • 日本語を学びたい外国人の方へ 日本語科
  • 渋谷外語学院は加盟校です。

注目情報

  • 英検
  • International Party 国際パーティ