世界の文化情報フランスブログ

グローバルナビゲーション
サブナビゲーション
現在地
電話番号03-3461-8854

平日  9:00~21:00
土日  9:00~17:00

Poisson d’avril!!

今日は4月1日エイプリルフール!嘘がつける日ですね。皆さんも面白い嘘を考えていることでしょう。意外にも、実はエイプリルフールの起源はフランスにあるそうです。

フランス語ではエイプリルフールは「Poisson d’avril」といいます。意味は「4月の魚」。フランスでのエイプリルフールでは紙に書いた魚や魚の形の紙をこっそり相手の背中に貼るいたずらをします。
街中で知らない人にされることもあります。周りの人は「お!やられたな」と思い、ニヤニヤ見ているだけ。4月1日は背中にご注意ですね!

イースターの時期も近いため、この時期のフランスのショコラティエには卵の形をしたチョコレートと魚の形をしたチョコレートが並びます。ショコラに関わらず、魚の形のムースやパンなど様々な魚アイテムが売られます。

なぜ「4月の魚」なのでしょうか?
たくさんの由来があり、どれが本当かは分かっていません。

一説には4月上旬に月がうお座から顔をだす(太陽がうお座から離れる)ことからそう言われるとか。または4月には鯖が簡単につれ、鯖はあまり利口ではない魚と言われていることから、これを食べさせられた人を「4月の魚(馬鹿)」(April fool)と言う・・・など。
あとはフランスでは4月は禁漁の時期のため、敢えて偽の魚を贈る冗談をしたという説や、この時期が四旬節の肉断ちにあたるので魚を恵贈したという説もあります。

一番有力な説はフランスの国王シャルル9世が1年の始まりが4月1日だったのを新年の1月1日に変え、そのことに反発した国民が4月1日にばか騒ぎをしたという説。そのさいに4月1日の新年に贈り物を交わす習わしがあった人々は元日が1月1日になっても、4月1日に見せ掛けの贈り物をしたことからエイプリルフールが始まったと言われています。

今日は嘘をつくのももちろんですが、魚の形をしたお菓子を食べるのも楽しみの一つに加えたいですね!

 

la-cuvee-poisson-d-avril-2013-vous-a-t-elle-fait-rire_1135087_460x306

カテゴリー : フランス

2017年4月1日

渋谷外語学院
  •  
  • イタリア語を学ぶなら 日伊学院
  • ドイツ語を学ぶなら 欧日協会ドイツ語ゼミナール
  • 日本語を学びたい外国人の方へ 日本語科
  • 渋谷外語学院は加盟校です。

注目情報

  • 英検
  • International Party 国際パーティ